帰国

 

 

こんばんは。

 

本日アメリカ買い付けより無事帰国いたしました。

 

今回は約10年ほど買い付けに行かせてもらってきた中で、

最もしんどい買い付けとなり

毎度書いているような気もしますが

過去最長移動距離。(年々更新しています)

何州にも渡りました。

何故か?

 

 

 

こちらのエゴもあるかもしれませんが

先にお伝えしておきたいのが

古着というものは数限りのあるもので

永遠にあるんだろうなと思っていたものが突然消えてしまうなんてことはザラ。

それでも見つけないといけないもので

その為にはひたすら町から町へ移動を繰り返し

寝る時間、食べる時間を削って

探し続けなければいけないということ。

高いお金を出せば買い付けてこれても

それはお客さんに対しても高い値段でお渡しすることになってしまう。

だから走り続ける。

走り続けて見つけた一着一着が

キラキラしていて、

ドキドキする一点もの。

しんどいけれども古着に魅了された性。

古着のバイヤーとはそんなことを永遠とする

そういう仕事なんだなぁやっぱり。と

そんなことを再確認させられた旅となりました。

 

 

 

 

早速商品紹介と行きたいところですが、

皆様にしっかりとお伝えしたいので、

それはまた明日書きたいと思います。

 

変わりに道中の写真を撮ってきたので

一部分ですが買い付けの様子をご覧ください。

 

 

 

 

 

IMG_5594

到着!

ここから始まります。

 

 

 

IMG_5553

まず行くのは、

Walmartにてティッシュやら飲み水やらビールやらを調達するところから。

ある程度整えてから戦闘開始。

 

 

IMG_5560IMG_5565IMG_5574

スリフト

ミリタリーショップ

アンティークショップ

ひたすら周ります。

 

 

 

IMG_5600

アタリがでれば気分も上がりますが

何件も連続で渋い内容の時は

車内は重いムードに。

 

 

そしてまた移動。

 

 

IMG_5580IMG_5599IMG_5634IMG_5612

IMG_5615

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5644

ご飯は色んなものを食べますが

個人的に最も食べるのがジャパレスの

Nabeyaki Udon

体を壊すのが買い付けに於いて最悪の出来事の一つ

こいつには何かと助けられてます。

多分これまでに25杯は食べたと思います。

 

 

 

 

IMG_5581

周り周って数日。

車がパンパンになればモーテルでパッキン。

 

 

IMG_5591

 

で、配送会社へドロップ。

 

 

IMG_5597

 

 

そしてまた周る。

戦う。

 

 

IMG_5621IMG_5632

 

アタリが悪い町は急遽ルートを変更して夜な夜な数時間かけて移動します。

 

 

 

IMG_5643

 

 

IMG_5595

 

 

夜中モーテルに着いて日本から持参したカップラーメンなんて寂しい日も。

 

 

 

IMG_5628

そしてまた朝から周ります。

 

 

 

そんなこんなを18日間続け

最後の晩餐はアメリカらしいステーキを食って終了。

 

IMG_5648

 

 

書きたいことは山ほど。

面白い出来事や

奇跡的に見つかったアイテム

お伝えしたいことはまだまだあるんですが、

それはまたの機会に。

 

明日から買い付け商品も店頭の方へ並ぶので、

店頭に足を運んでみてください。

 

それでは時差もあり眠気も襲って来ているので

今日はこの辺で。

 

おやすみなさい。

 

 

 

IMG_5651

staff

 

Manufacture 7

 

Manufacture

7回目の開催となります

 

manufacture7dm表面

 

11//22(木)-11/27(火)

@NAKAMEGURO

 

 

 

 

 

前半のお店をご紹介

前回に引き続き

三宿

[ ROSE ]

IMG_1774

 

 

ありきたりな言葉で片付けたくないが、前回のPOPUPでその人気振りは流石の一言

エッジの利いた洋服たちを求めに

多くの古着好きが集結

IMG_1752

 

IMG_1753

 

初めてのPOPUP型出店にも関わらず

その力を存分に発揮してくれたのは私が語るまでもなく

 

 

 

次回参加できるならもっとお客さんに楽しんでもらえるように

しっかりと構成を組み立てて望みたいと言って頂けたので

次回もお願いします!!と即決

IMG_1772

 

SSで展開していたリメイクラインも人気が高く、

期間中、それを目当てに来店されている方も多く

即、完売状態に

AW、何を仕掛けてくるのか個人的に気になります

IMG_1778

 

 

 

 

 

 

そして初参戦

以前より声がけはしていたのですがようやくスケジュールが合うという事で

久しぶりに高円寺から

2年ぶりくらいですかね?

 

 

 [ inou ]

” 日常に馴染む古着 ” がコンセプトに

時代、ジャンルにとらわれないセレクトで、

幅広い年代の方に楽しんで頂ける古着を提案しています

 

i noimage4

 

 

i nou・image2

 

私個人的にはROSEとinouという組み合わせが新鮮でたまりません

我ながら、よう組めたなぁという印象で楽しみです

 

 

 

 

 

 

そして後半戦

(11/25-27)

3日間

まずは

verandah aoyama

 

IMG_5407

 

IMG_5408

 

 

都内で開催されているPOPUP、催事には全部出ているんじゃないか説(笑)

相変わらず精力的に活動しているverandah

こちらも久しぶりですね

 

 

IMG_5409

IMG_5410

 

前回、岡本さんと話した時にうちも皆さんのように買付後に出店したいと言って頂き

今回はドンピシャで11月の買付後と有言実行と

私にとっては嬉しい限りです

楽しみです

 

 

 

 

 

 

 

そして最後の1枠

こちらも初参戦

nude vintage

IMG_5110

お店を持たずPOPUP、WEBでの活動が中心の同店

私がどうこう言うよりこちらのコンセプトを

【IMAGINATION】

 

IMG_5108

 

ここ2,3年でこういったSNSを中心に活動する方が多い中

気になっていた1人でもあり、話しを伺うと感覚的に自分達に似ているなぁと勝手な解釈

 

私が感じたことはオーナーの佐藤さんはお店向きな人だなぁと感じたのが最初の印象

 

その場で直ぐにオファーをさせて頂き、快く受けて頂きました。

実はこの部分が一番重要で

候補にあがるお店は自分の足でアポ無しで行きます

 

そこで商品や世界観などはもとより、

入店してくるお客さんにどういった接し方をするのかを自分たちは凄く大切にしているので、

お店を持っていない方だと分らないので一番難しい部分でもあります

 

後、買付けを海外に重きを置き、しっかりと行っている点は大きいです

現地での空気感、買った洋服の背景をしっかりと伝えたいという考えでやられているので

そういった点は自分達と同じ考えなのかと思います

 

 

お店を構えていても国内のみで構成しているお店が多い中

この点は凄いことだと思います

ほんと凄いです

凄く共感できる部分です

 

洋服が好きで人好きな人だなぁと感じたのが私の印象です

 

ルック1つに対しても凄く丁寧ですね

先月に買付けに行かれてたばかりなのに今月もイベント前にしっかり買付けに行かれてるのでフレッシュな商品ばかりなのは

間違いないでしょう

 

東京で開催するPOPUPも久しぶりなのでどういった化学変化を起こしてくれるのか、楽しみであります

IMG_5113

 

 

 

 

 

 

IMG_5109

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にRUMHOLEberufDoLuKEの紹介も

RUMHOLEberuf

About: RUMHOLE/beruf

2001年に恵比寿【RUMHOLE】、

2005年より姉妹店として代官山【beruf】をそれぞれオープンし、

2011年、新天地となる原宿にオープン。

洋服だけでなく様々なライフスタイルの提案に力を入れるべく

2014年装いも新たに恵比寿と代官山の店舗を統合し【RUMHOLE/beruf】として移転オープン。

古い新しいにとらわれない様々なカルチャーをミックスした着こなしを提案するというテーマを掲げ、100%アメリカよりセレクトされているアイテムはどれも映画や音楽、サブカルチャーを強く感じさせるもの。

なおかつ、最先端のファッションシーンを汲み取り商品に合わせてリサイズ、

リメイクも商品に施されているため 普段のコーディネートにとり入れやすい一点物が並んでいる。

また豊富なアクセサリーの展開に加え、

新店オープンに際しこれまで提案していなかったアンティークの食器類や瓶、

アートピースなどのバイイングにも注力している。

 

 

 

 

DoLuKE

 

!cid_67D7AFE2-9664-44E4-899C-891F69663856@flash

クラシックをベースにモード且つ気品のあるスタイルを得意としたお店

シンプルに自分達が着たい、提案したい洋服を集め、

そこからスタイルを組んで提案しているスタイル提案型ショップ

 

また、長く愛着を持って洋服を着て欲しいという考えで選びぬかれた洋服は

状態の良さは勿論、妥協のないサイズ感を重視したセレクト

お客さんとのコミュニケーションを大切に丁寧にスタイリングを提案してくれるお店で、お客さんにワクワクしてもらえるような、空間作りをモットーに展開している

IMG_3372

IMG_3396

IMG_3334

 

 

 

 

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

前回からArca vintageも参戦しましたが

今回もDoLuKE×Arca vintageで挑みますのでよろしくお願い致します。

 

 

Arca vintage

IMG_5018B (6)

 

IMG_5018B (8)

 

 

IMG_5018B (2)

 

 

IMG_5018B (1)

 

IMG_5018B (4)

 

 

 

IMG_5018B (5)

以上で全てのお店の紹介になります。

 

 

 

[ Manufacture ]

11/22-27  (12:00-20:00)

@river side Gallery NO DESIGN

meguroku kamimeguro1-5-10

今回は中目黒に場所を戻します

毎度、場所の変更ほんとすみません

こちらの方が駅も近くアクセスしやすいかと思います

 

 

manufacture7dm裏面

 

 

Duffle Coat & New Staff

 

 

 

 

久しぶりのブログということで、

なに書こうかななんて思っていたここ数日。

 

 

色々と悩んだ結果

『単純に自分がこの冬に着たい服』

というなんとも自己中な、ジャイアン的な考えに至りました。

 

 

本当は、今のトレンドや街の様子などを考慮したブログだったり

新しい提案などをするべきかも知れませんが、そこは一旦忘れて

今回は私の我儘に付き合って頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

[Duffle Coat]

 

皆さんご存知のダッフルコート

しかしながら

ここ数年あまりと着ている人を見かけない商材でもあります。

 

元々は、北欧漁師の作業着だったのを

英国海軍が第二次世界大戦時に、船上での寒波や極悪な天候から

身を守る為に、その当時、防寒性や耐久性に

優れたダッフルコートを採用し、

大戦後に軍の余剰在庫品が市場に出回ったことにより、世界的にも広まっていったという

ミリタリーアイテムとしてのルーツもあります。

 

10_35

image-860x653

 

 

 

 

 

英国海軍が使用していたということもあり

UKバンドのoasis、Radioheadや、英国映画などにも度々使用されています。

 

 

105-720x717

“Roll with it”

 

cyxcv3kuwaiq1ps.jpg
“The Man Who Fell to Earth”

 

 

138971154422367518225_submarine_movie_stills_1

“SUBMARINE”

 

私は映画や音楽から影響を受けることが多いので

初めてこの辺りに触れた時は、

格好良くて興奮したものです。

 

今年は気分だから着ようと思い、先日部屋を探していましたが

どこを探しても見つからない。いやまさか捨てるわけない。

もしかしてお客さんにあげた?笑

 

全く記憶にないので、知っている方、

もしくは僕貰いましたよという方は

連絡お待ちしてます。

 

 

 

 

 

私事はさておき

そんなダッフルコートが纏まって

入荷したとなれば、もはや事件ですね。

 

 

IMG_6365

 

IMG_6360

IMG_6354IMG_6352IMG_6349

 

 

 

 

 

IMG_6343IMG_6342

 

IMG_6102IMG_6105

 

IMG_6152IMG_6153IMG_6154

 

ダッフルと言えば、グローバーオール

グローバーオールと言えば、ダッフル

 

英国で1951年に創業し

最初に軍の放出品を扱ったのがグローバーオール、

今も変わらず愛され続けている老舗ブランド。

 

シンプルにクラシックなスタイルで

 

 

 

 

 

IMG_6339

 

IMG_6139IMG_6133IMG_6132

 

従来の重厚感がない分、

軽くラフに着れるダッフルコート。

英国感満載のタグなんかも良いですね。

 

今年人気のVネックとの合わせも

綺麗に纏まります。

 

 

 

 

 

 

IMG_6346

IMG_6256IMG_6284

 

英国産縛りで紹介しようと思っていましたが

お勧めしたくて一点だけ米国産を紹介。

 

写真を見てわかる通り、

落ち感のある緩いダッフルコート。

肩肘張らずに着れて、着る人も選ばず、

今のストリートに落とし込みやすいと思います。

 

 

 

 

 

以上、

私の今年着たいダッフルコートでした。

 

 

 

 

 

最後に、題名にもありました

New staffのご紹介です。

 

すでに知っている方、店頭でお会いしている方も

いると思いますが、

ちゃんと紹介してなかったので

この場を借りて、紹介致します。

 

土屋淳也

愛称はツッチーです。

Unknown

鹿児島出身

元美容師の22歳になります。

若いです。かなり若いです。

高齢化が進んでいるドルークに

若い風が吹いております。

 

冷静さと情熱を合わせ持っていて

一見クールに見えますが、

とても話しやすい穏やかな男です。

 

 

お客さんへの挨拶として何か一言あるか?

と聞いたところ、

ニヤニヤしながらモジモジしてました。。。

 

よく分からないのでスルーします。

 

 

長くなりましたが

ダッフルコートも、ツッチーも気になる方

明日お持ちしております。

 

 

 

 

staff