2019 S/S

 

 

 

 

 

 

 

 

「 2019 S/S 」

 

 

 

 

 

 

img_2620

 

 

img_2699

 

 

img_2702

 

 

 

 

img_2637

 

 

img_2714

 

 

img_2718

 

 

 

 

img_2803

 

 

img_2804

 

 

 

 

img_2630

 

 

img_2704

 

 

img_2705

 

 

 

 

 

img_2732

 

 

 

 

 

img_2734

 

 

img_2736

 

 

 

 

 

img_2634

 

 

img_2720

 

 

 

img_2721

 

 

 

 

 

img_2812

 

 

img_2815

 

 

 

 

 

img_2816

 

 

img_2819

 

 

 

 

 

img_2641

 

 

img_2723

 

 

 

 

 

img_2656

 

 

img_2708

 

 

 

 

 

img_2684

 

 

img_2686

 

 

 

img_2688

 

 

 

 

 

 

img_2740

 

 

img_2742

 

 

 

 

 

img_2744

 

 

img_2747

 

 

 

 

 

img_2750

 

 

img_2753

 

 

 

 

 

 

 

img_2757

 

 

img_2758

 

 

img_2760

 

 

 

 

 

img_2763

 

 

img_2765

 

 

img_2768

 

 

img_2773

 

 

 

 

img_2777

 

 

img_2786

 

 

img_2791

 

 

 

 

img_2792

 

 

img_2796

 

 

img_2797

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 Coming of Age Ceremony 」沢山のご来店ありがとうございました。

SALEも本日までとなります。

 

この3連休中も、すでに春意識の方が増え

本格的に当店も立ち上げ。

先行で、立ち上げ用に用意していた面々を

明日より投入致します。

 

 

今回ご紹介した商品以外にも多数入荷していますので

是非、ご来店下さい。

 

 

 

 

staff

Dead stock Unknown EURO Military V neck Knit

 

 

 

IMG_0847

 

独特な光沢感のある織り目。

 

 

ミリタリーのVニットは

ユーロものが多く

USものでは空軍ものが多いです。

 

 

風合いや織り目など、

抜群の雰囲気があり

洒落た上級ファッショニスタには

昔から安定した人気を誇ります。

 

 

しかし、基本的にサイズ感が小さ目に作られており

また、リブも強めでなかなか窮屈感のあるシルエットになりがち。

女性ならともかく

男性が着るとかなり鈍臭くなるので

個人的にも断念する事が多かったアイテム。

 

 

肌触りも決して良いとは言えないので、

敏感肌の方にもNG

 

 

 

 

今回入荷したこちらは

現地の人曰くチェコ軍のものらしいですが

正直詳細はわかりません。

 

ただこれまで出会ってきた中で

全体のバランス、

ニットの手触りなど申し分ない仕様。

しっかりと雰囲気も残しているので

願っていた品!

ということになります。

 

 

 

IMG_0852

 

リブの強さも程よい

 

 

 

 

 

IMG_0853

 

 

強調されやすい肩のラインも

すっと馴染みます。

 

 

 

 

IMG_0854

 

 

ネックは比較的深めですが

サーマルやタートルなどで

レイヤードして着るのが良いと思います。

 

 

 

IMG_0843

 

ギュッと詰まった目の細かいウール地が

たまらないです。

 

 

 

 

 

IMG_0842

 

 

通好みな一点となりそうですが

飽きのこないオシャレ着として

長く愛用して頂けるかと思います。

 

 

 

 

3点のみの入荷。

 

 

 

こだわりのあるインナーとしてご提案。

 

 

staff

Recommend Argyle Knit

 

 

 

こんばんは。

 

 

 

アウターもある程度揃ってきたかと。

本日は、ニットのご紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回注目した唯一の柄。

「アーガイル」

 

 

 

 

おっさん臭くなりやすい柄ですが

クラシック要素と70年代カルチャー

ここの所気になっているラインに

絶妙にハマるアイテムかと思い

今の気分で落とし込めるものを厳選してきました。

 

 

 

 

 

 

IMG_0696

 

 

IMG_0679

 

 

IMG_0705

 

 

IMG_0660

 

 

IMG_0664

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Made in UK FRED PERRY

IMG_0732

 

IMG_0728

 

IMG_0735

 

 

イギリス製フレッドペリー

やや大きめなサイジング

鈍臭くなりやすい配色ながら

流石のカラーリングセンスで品良く

 

 

IMG_0673

 

IMG_0672

 

IMG_0675

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

60’s Robert Bruce Cardigan

 

IMG_0722

 

IMG_0727

 

IMG_0723

 

毛足長めでこのカラーリングは卑怯

私物にしたい

 

 

IMG_0699

 

IMG_0698

 

IMG_0697

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GlenEagles Wool Cardigan

 

IMG_0719

 

IMG_0659

 

IMG_0661

 

IMG_0657

 

老舗GlenEagles

コートなどではたまに見かけますが

ニットは少ないかと。

トラディショナルな面持ちと

柔らかさのある風合い

 

 

IMG_0715

 

IMG_0718

 

IMG_0662

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Made in Italy Alcione

 

IMG_0707

 

IMG_0713

 

IMG_0709

 

カルチャー臭のするアーガイルは

サイズ小さめ、Vネックが多いものです。

US製ではなかなか出会わない

良い肌触りとサイズ、丸首。

 

IMG_0664

 

IMG_0666

 

IMG_0665

 

IMG_0667

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

70~80’s THANE Wool × KidMohair

 

IMG_0737

IMG_0739

モヘアのアーガイル

ありそうでない。

 

 

IMG_0741

IMG_0706

IMG_0704

IMG_0701

 

 

 

 

 

 

 

数は少ないですが

それだけ良いアーガイルは少ないです。

 

今年のニットはこれ!といったものがなく

(モヘアくらいですが、古着屋的にはいつでも良いもの)

あらゆる角度でファッションを見直しています。

 

そんな中、なんとなくですが

これ着こなしていたら良いなぁと思ったのが

アーガイル。

 

ジジ臭くではなく

オシャレにアーガイルを着こなすのは

いかがでしょうか。

 

 

 

staff